SANGYO-GIJYUTSU

産業技術育成事業協同組合

産業技術育成事業協同組合が選ばれる理由

pixta_19514102_XL.jpg

母国と日本での一貫した日本語教育システム

当組合では母国の送り出し機関と頻繁に意見交換を行い、実習生の状況を知ることで母国と日本との一貫した日本語教育を行っています。 両国での教え方の違いや実習生が既に習得した事を再度教えるなどの無駄を無くし、効果的な教育を実施しています。 互いに意見交換をする事によって、常に最高の教育が行われるように努力を重ねています。

充実したサポート体制

入国当初、誰もが感じるであろう不安、そして日常の些細なやりとりまで、訪問指導を通じて把握し、即対応いたします。 早い段階で、受け入れ企業様と実習生のコミュニケーションの行き違いを減らせば、より大きなズレが生まれるのを防ぐことができます。

また、2017年11月1日に施行された「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習法)」では、適正に技能実習が行われるよう「外国人技能実習機構」による監督制度が始まりました。それに伴い、受け入れ企業様にご用意いただく書類も多々ございますが、当組合がしっかりサポートいたします。

pixta_668147_XL.jpg

法令・制度遵守について

当組合では、公益財団法人国際研修協力機構(JITCO)主任指導員を招いてコンプライアンスに関するセミナーを開催するなど、制度遵守について企業様のご理解、ご協力をいただくために、さまざまな活動を行っています。

pixta_668162_XL.jpg

産業技術育成事業協同組合の組合概要。

外国人技能実習制度の詳細や受け入れ可能職種・作業のご案内。

実習生の面接、入国前・入国後講習などの流れのご案内。

お知らせ